| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

劇団☆新感線「蜻蛉峠」

昨日今日と、毎春恒例の母姉姪・母娘3代が東京詣で中。
昨晩は、劇団☆新感線の「蜻蛉峠」@赤坂ACTシアターへ。
開演時間まで時間があるからと、我家から東京ミッドタウンまで歩いていって、お店をフラフラしてからタクシーで劇場まで向かおうとしたのだけれど、それほど遠くないので歩いて行こうということになった。
つまり結局、我家から赤坂まで歩いてしまった。

以前から、劇団☆新感線の中でも定評の高い大立ち回りのある時代劇シリーズを、1度は観てみたいと思っていた。しかも今回は、元JACでアクションもお手の物の堤真一が客演しているので、期待も高まる。
そして実際、開演してから最後まで、立ち回りももちろん、華やかな演出と、笑いあり涙ありの物語(脚本は宮藤官九郎)に圧倒されっぱなしで、この劇団の人気が別格な理由がわかった気がした。
更に、堤真一や新感線の看板俳優・古田新太、高田聖子だけではなく、客演の高岡早紀、勝地涼、梶原善、他の劇団員らキャスト陣それぞれ、演技、声の通り、舞台映え度全てにおいて本当に素晴らしく、1人1人に大拍手。

しかし。。。
虚弱体質の私、赤坂まで歩いてしまった疲労のため、前半は「スゴ?イ!ステキ?!」と思いながら、気付くと瞼が下りているというアホな状況だった。もちろん後半は眠くなっている間もなく、舞台に釘付けだったけど。(苦笑)

終演後、麻布十番に戻ったのは9時30分過ぎ。第二鳳仙花で遅い夕飯を速攻で食べて帰宅。



20090404_2740.jpg


スポンサーサイト

| 趣味生活、エンタメ | 10:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すももだって猫である

DVDで「グーグーだって猫である」を観賞。


20090328_2715.jpg


猫はあくまでも脇役で、物語の主軸は、40を越えていろいろな出会いや別れ、幸福や孤独を経て、自分なりの生き方を見つけていくキョンキョン演ずる漫画家の日々。
ちょっとイタイ目の主人公の言動に共感したり、身につまされたり、そして要所要所に出てくる猫たちに癒されたり。
キョンキョンがグーグーに語りかけるシーンの度に、私もすももの姿を追ってしまった。

猫との生活って、やっぱりいいよなぁ。




| 趣味生活、エンタメ | 18:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京マラソン

東京マラソンに参加してきた。
…っていうのは、半分ウソで、半分ホント。
運動不足解消のためのウォーキングかたがた、近所の東京マラソンのコースまで見物に行ってきたのだ。

公式マラソンの見学なんて初めて。
しかも、3万5千人もの人が参加する巨大大会。
歩道橋からの様子も、人、人、人の波で、想像以上に圧巻の眺め。


CAGXERGD.jpg


かなり高齢の方、
なぜかずっと後ろ向きに走っている人、
ゴスロリの格好のまま走っている女の子、
楽器のチェロの気ぐるみを着ている人、
ピンクの全身スーツで頭に白鳥を乗っけている人、
などなど、見ているだけでもとっても楽しくて、結局30分くらい見物していた。
こちらは給水所↓


CAM5EPCL.jpg



参加できたらもっと楽しいかも知れないけれど、ひ弱な私にはゼッタイに無理。
我が一族の家訓は、「運動は身体に悪い」なのである。(笑)

そして、スポーツの才能も芸術の才能も全く無い一族の中で、突然変異のように生まれた、絵を描くのが好きな姪っ子から、また新しいイラストが送られてきた。ブログで紹介してとのリクエストに応えて、公開。


CAU3IP37.jpg


すももも私も、家でダラダラ寝ているしか能が無いから、マラソンができる人も、絵が描ける人も羨ましい限りなのである。


20090315_2670.jpg



| 趣味生活、エンタメ | 13:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おばバカ

いつもはすももの親バカぶりを発揮している私ですが、今日は姪っ子のおばバカぶりを披露。
4月から高校生になる姪っ子は、私立の美術科は既に合格、現在公立高校の美術科の合格発表待ち。小さい頃から、シュールな絵と、立体物が得意だったけれど、年々磨きがかかっている様子。


CA5VZ571.jpg

CA6DGVOZ.jpg

CAA18LM3.jpg

CAG1EB0D.jpg

CAG5QZWR.jpg

CAPUBZDQ.jpg

CAQTX5CY.jpg


不景気な折、親孝行のためにも第一志望の公立高校が受かっていますように。(念)


| 趣味生活、エンタメ | 22:23 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

読書の話

ここのところ、仕事で読まなきゃいけない本やら、原稿の校正地獄にハマり、自分の趣味の本を全く読めずにいた。でもやっとちょっと落ち着いてきたので、久々に好きな本を読む時間ができて嬉しい。

毎年、本屋大賞にノミネートされた作品を、大賞発表前までになるべくたくさん読むことに挑戦している。(だからどうだっていう突っ込みはナシよ)
ちなみに今年のノミネートは以下の作品。

『悼む人』著/天童荒太(文藝春秋)
『告白』著/湊かなえ(双葉社)
『出星前夜』著/飯嶋和一(小学館)
『ジョーカー・ゲーム』著/柳広司 (角川書店)
『新世界より(上下)』著/貴志祐介(講談社)
『テンペスト(上下)』著/池上永一(角川書店)
『のぼうの城』著/和田竜 (小学館)
『ボックス!』著/百田尚樹(太田出版)
『モダンタイムス』著/伊坂幸太郎(講談社)
『流星の絆』著/東野圭吾(講談社)

10作品のうち5作品は既に読んでいたので(悼む人、告白、ボックス!、モダンタイムス、流星の絆)、残りの5作品の中から、「出星前夜」を購入。
これまでは毎回、読んだことがある本の中から大賞が決まったので、今年もそうだといいなぁ。
今のところワタシ的には、まだ少ししか読んでいない「出星前夜」が最有力。歴史ものは苦手だし、超ぶ厚いので読みきれるかどうかすら心配だったけれど、のっけから引き込まれて、読み始めると止まらなくなるので。

大賞の発表は4月6日だから、残り4冊のうち、もう1冊くらいは読めるかな。



読書中はこのお方↓が膝かけがわりになってくださいます。


20090307_2616.jpg



| 趣味生活、エンタメ | 21:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。