PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鼻から胃を見る

今日は朝早くから、人生初の胃カメラ検査を体験。
先日の人間ドックで、胃の再検査にひっかかってしまったのだ。
結論から先に書くと、自分でもほれぼれするくらい胃の中はキレイで、異常は全く無かったのだけれど。

そもそもドックで再検査判定が出た時も、先生から「たぶん荒れているだけで大丈夫だと思うけどどうする?」ってわざわざ聞かれたし、食欲モリモリで調子はすこぶる良かったので、受けなくてもよい感じだったのだけれど、ちょっとでも胃痛とかあった時に「やっぱり?」とか思うのは嫌だし、すもものためにも長生きしなきゃいけないし(笑)、いい機会だから受けてみることにしたのだ。
しかし検査の少し前に、友人たちから「つらいよ?」とさんざん脅され、だんだん後悔の気持ちが膨らんできた。
ネットで体験談を検索したり、どんな方法なのかを調べたりしているうちに、心配がつのって胃潰瘍が出来てしまいそうなほどだった。(苦笑)

そうこうしている中で、口からより鼻からカメラを入れる方が楽だという情報を入手。
口からカメラだと、喉にあたって「おえっ」ってなることと、事前に麻酔ゼリーを喉に含むのが大変らしいのだけれど、鼻からだったらその両方が回避できるとのこと。
ふむ。
年中鼻炎の私には、鼻の方がつらそうに思えるのだが。


(ここから先、お食事中の方は読まないように)

そしてドキドキしながら迎えた今日。
近くに座っていた人の4人中3人が「鼻から」って指定していたので、結局私もそちらを指定することにした。
まずは看護師さんに、胃の泡を取る液体薬を飲まされたが、量も少ないし味もそんなにまずくはないので、これは楽勝。
次に、麻酔薬が染みた綿付きの棒を、両方の鼻の穴に突っ込まれた。
これが結構痛い。
でもすぐに、麻酔が効いてきて痛みを感じなくなった。
ホっとしていたら、更に奥につっこまれ痛みを感じたものの、またすぐに楽に。
そのままの状態で、約5分。
棒を抜かれた後、喉の奥に麻酔スプレー。
これが苦くてちょっとムセてしまった。
そしていよいよ検査室へ。

横に寝転がった状態で、細いカメラがまずは鼻の奥まで入れられ、様子を見るため少しストップ。
この時点で結構痛くて「無理かも?」と思いながらもやせ我慢して「大丈夫です」と言ったら、そのままするすると喉あたりまでカメラが下りてきた。
そして喉にカメラが当たった感じがした途端「おえっ」となって、また「無理かも?」と、泣きそうに。
でも、それはわりと一瞬で、すぐに餌付く感じはなくなった。
そのあとは、ただひたすらチューブをぐりぐりされる感じが気持ち悪くて、それに耐えるのみ。
唾を飲み込んではダメなので、口からヨダレをダラダラさせなきゃいけないのも、とっても気持ちが悪い。
胃の中も、洗浄液がシューシューしたり、何とも言えない感じだし。
しばらくそんな状態で、やっと検査終了。
カメラを抜かれる時は、喉のところで若干また「おえっ」となったものの、わりとスムーズだった。

しかし、ネット情報では、検査をしながら会話が出来ると書いてあったけれど、そんなのはゼッタイ無理。
涙と鼻水が出てくるし、けっして楽では無かった。
とは言え、死ぬほどつらくも無かった。
でも、2度と受けたいとは思わない。(苦笑)
特に、今回は健康な状態で受けたからいいけれど、調子が悪い時だったら、かなりつらいだろうと思うし。
ところが、ホッとしたのもつかの間、検査後にも、新たな苦しみが…

とりあえず全て無事に済んで出社したところ、鼻水が止まらない!!
もともとひどい鼻炎なので、粘膜を刺激されたことで、どうやらそれが悪化してしまったようなのだ。
むむむむ。。。
そんな副作用があるとは。

でもでも、ほんの少し喉にカメラが触れただけで「おえおえ」となったことを考えたら、たぶん口からカメラには耐えられなかったであろうから、鼻からカメラを選択したことは後悔せず。
ちなみに、鼻からカメラ検査が出来る病院は、まだ数が限られているようなので、事前に病院にお問合せくださいませ。



すももも、我家に来てからもうすぐ1年になるので、健康診断をしなきゃね。

20080824_1593.jpg






1日1クリック、応援よろしくネ♪

スポンサーサイト

| 猫生活、その日常 | 21:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご苦労様でした
私も場合も鼻からの検査をお願いしたけど
鼻に麻酔なんてしないで口からと同じゼリーを飲んで
鼻からの挿入を試みたところ通りにくい
結局口から検査となりました

時々オエッってなったけど暫くしたら「後食道を
詳しく見ればお終いですよ」 な~んて エッツ!
死ぬほど苦しかったって散々聞かされていたから
これにもびっくりだった
但し自分の胃を見るだけの余裕は無かったわね

自分から積極的に検査を受けようとは思わないけど
「こんな程度だったらバリュームより良いかも」
な~て言ったら周りから不思議がられたわ

| かよこ | 2008/08/30 10:17 | URL | ≫ EDIT

>かよこさま

鼻麻酔をしないなんて、痛くてゼッタイ無理だよ~。
しかし、そんなにあっさり楽に受けられたなんて、うらやましいったら。
でも、バリウムがすごーーく苦手な人って、胃カメラはめちゃめちゃ楽だって言う人が多いみたいよね。
私はバリウムも嫌いだけれどそんなには苦しまないので、胃カメラは無理だわ。
2度と検査を受けなくてもいいように、健康管理には気をつけなくちゃ。お互いにね。

| りん | 2008/08/30 17:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://primogattino.blog120.fc2.com/tb.php/312-1d6e2c03

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。